東京家庭菜園日記

杉並区のアパートの住人です。大家さんから庭を借りて野菜を作ってます。

2020夏野菜備忘録きゅうり

きゅうりは四葉系のシャキットを稲城くろがねやで一本、若葉台のユニディで一本購入。昨年は六月近くになると近くの花屋で三本で210円に値下げされかが、今年はコロナで家庭菜園人気なのか最後まで安くならなかった。きゅうりもいつもゴールデンウィークに植えるが気温が低いとなかなか成長しない。成長しだすのは六月に入ってからだ。9月中旬まで収穫。今年も順調に収穫できて大部分はQちゃん漬けになった。冷凍もできるので先月末まで楽しめた。

2020夏野菜備忘録ゴーヤ

ゴーヤは昨年春に吉祥寺で貰った種をゴールデンウィークに6粒蒔いたが、全く発芽せず、再び6粒蒔いてようやく二本発芽。種が古いのはしょうがない。まかないと勿体無い。発芽と成長は気温の影響大だろう。8月に入ってからようやく収穫開始。10月中頃までとれた。

ゴーヤチップス、チャンプルー、マーボーナスに入れたりと大変美味しく食べることができた。今年はゴーヤは高かったから完全に元は取った。肥料は相変わらず化成肥料のみ。

2020夏野菜備忘録エダマメ

エダマメはゴールデンウィークに植えた。時期としてはベストだったと思う。主として湯あがり娘。苗だとおそらく元が取れないので種を直接畑にまく。苗作りが一般的だと思うが返って水の管理が難しくリーマンに苗の管理は辛い。なので種は直接畑にまくことにしている。一箇所に4つ植えるが大概2つぐらいしか発芽しないので自然と二本仕立てになる。比較的良くできたと思う。でも1さやに豆3つはほとんどできなかった。2つがいいとこだった。ただし2つでも仕上がり良好、味は格別。とにかく早生品種はコンパクトな姿に仕上がるので防虫ネットを掛けたまま収穫まで行ける。ネットを外すとカメムシの餌食になることは必定。背丈が低ければ台風にも強い。来年はさらに沢山植えよう。ちなみにジャガイモの後作に7月の終わりに植えてみたけど少ししかできなかった。去年は7月上旬だったので、秋にも結構取れたけど7月終わりじゃ遅かったな。

2020夏野菜備忘録トマト、ミニトマト

今年はゴールデンウィークにアイコ三本、強力米寿一本植えた。アイコは摘心した1番上の6段目まで収穫できた。強力米寿はホーム桃太郎より家庭菜園向きということで植えてみた。いずれも実生苗。アイコは高井戸のスーパーバリューで140円、強力米寿は実家近くのホーマックで70円で購入。マルチを敷いた栽培にしてアイコは摘心した6段目、米寿は途中で病気になって2段目まで収穫。一昨年まではフルティカを栽培していたがアイコが中玉ぐらいの大きさになるし味も良いしで中玉はやめた。中玉は4段目ぐらいまでしかできなかったし。やはり米寿よりホーム桃太郎のほうが味は良いので来年はホーム桃太郎に戻そう。

2020夏野菜備忘録ナス

ゴールデンウィーク代田橋京王ストアの横の花屋で千両2号の接木苗を三本買って植えた。ホームセンターより花屋で買ったほうが店主の手入れもしっかりしてるし安い。例年のごとく夏はテントウムシダマシに散々やられたので更新剪定するとそのまま枯れそうだったから放っておいた。秋口にはテントウムシダマシの攻撃も終了。今年は台風が来なかったし、新しい芽も伸びてきて秋ナスが結構取れた。マルチ栽培にしたけど熱でやられることもなくて雑草も時々取れば良い程度だから楽。追肥は1番安い化成肥料を月に1回。二週間とか三週間毎にやらなくても十分だった。

ナス2019

ゴールデンウイークに大国魂神社神社で実生苗2本(1本250円だったかな)、高井戸のスーパーバリューで接木1本214円、西永福のビッグフラワーで接木長ナス1本100円計4本育てることにした。いきなり虫に食われまくっているので、防虫剤をスプレーした。テントウムシダマシの食われ方ではないのでしばらく経過観察。支柱も沢山あるので先週末4本仕立てにした。

今年なぜか一番果が石ナスになってしまった。

ジャガイモ、男爵とメークイン

長ネギをゴールデンウイークに最終収穫してその後またジャガイモを植えた。深く埋めすぎてようやく芽が出てきたところ。今年は種イモは早めに買っておいたものの、スキー三昧をしてしまったため、最初に埋めたのは4月上旬。種イモの芽も真っ黒になってしまいカビが生えていたけど、そのまま埋めて見事に発芽。ジャガイモは同じ芽から新しい芽が発芽するのか、カビが生えた芽が元気をとり戻りたのか不明。

心配だったのでスキーの帰りにアグリ上里で追加で買っておいたメークインをゴールデンウイークに埋めた次第。さて、どんな結末になるか。